排水管からの水漏れは他人事ではない

排水管からの水漏れは他人事ではない 排水管は無くてはならないものです。水漏れの中でも一番困ってしまうのが排水に不具合が起きた時です。特に水が漏れている場合は危険信号であり、重要な機能不全が起きてしまう前触れです。排水管は経年劣化により10年もするといつ水が漏れても起きてもおかしくない状態になってしまいます。そのため深刻な被害が起きてしまう前に水の漏れを発見した段階で対処しなければなりません。万が一の時のために対処法や解決策など日頃から知っておいた方がよいでしょう。

■家庭での水漏れが起こる箇所

まず私達の身近な家庭で起こる排水管 水漏れはどのような箇所で起こるのか、しっかり把握している人はいません。まず漏れが一番起きて困る場所はトイレです。便器と床の間からの漏れが特に多く、大事に発展しやすいため、早急な対策が必要な場所です。次にお風呂場での漏れです。蛇口からの漏れの他、シャワーなどのホース類やその接続部分、また浴槽のひび割れなどによる漏れが大部分です。そしてキッチンは一番よく漏れが把握しやすい場所でもあります。毎日の生活で一番よく使用する場所であり異常があれば大体すぐに把握できます。こちらも蛇口や流し台の下の排水パイプが主に漏れを起こす箇所です。最後に洗面所です。こちらは洗面台の下の排水パイプからの漏れが多く、またこの場所には洗濯機を置いてある家庭も多いので、洗濯機と排水口接続してあるパイプからの漏れが多く発生します。

■排水管が水漏れを起こす原因
排水管でのトラブルの原因はいくつかありますが、まずその中でも多いのが排水パイプが詰まる事による水漏れです。排水パイプが詰まると水の流れが悪くなっていきます。この水の流れが悪くなっていくと不純物やゴミがたまりやすくなり余計に水の流れが悪くなっていきます。そして最後に水を流しきれなくなって限界に達した時に漏れを起こします。次に接続部分やつなぎ目部分の緩みによることが原因の漏れです。地震などの揺れや振動によるズレの他、何かの衝撃によるパイプの歪み、また老朽化などで接続部分が緩んでしまい、そこから漏れが発生するケースです。排水パイプの接続部分はナットやパッキンなどで締めている事がほとんどですので、これらが緩んでしまうと漏れを起こしてしまいます。最後に経年劣化による漏れです。排水パイプは金属で出来ておりその耐用年数はおよそ10年から15年前後です。経年劣化は避ける事が出来ず、こちらは定期的に点検するしか方法はありません。もし家が古く10年以上経過しているご家庭はプロの業者に定期的に見てもらう事をおすすめします。

■排水管の水漏れを自分で補修する

あまりにもひどい漏れを起こした場合はプロの業者を呼ぶしかありませんが、少々の漏れであれば自分で直す事が可能です。日頃から点検を兼ねて自分で直す癖を付けておいた方がよいです。それでは排水管を自分で直すにはどうすればよいでしょうか。まずは漏れが起きないようにする対策として常にパイプ内部をきれいにしておくことです。汚れやゴミが一回溜まると自然に出ていく事はありませんので、常にパイプ内部はきれいにしておく必要があります。こちらは重曹や市販の薬剤などで防ぐ事ができます。注意点として使用し過ぎると薬剤のカスなどが溜まる事がありますので、使用し過ぎには注意しなければなりません。そして漏れが起きてしまった場合の補修方法としては、まず排水パイプの接続部分の緩みを直します。漏れの原因はまず接続部分の緩みによる事がほとんどですので接続部分のナットやパッキンなどを締め直す事で直る可能性があります。またそれでも直らない場合はナットやパッキンなどを新しく交換する事も効果的です。パーツ自体が劣化している場合は締め直しても効果が薄いので、その場合はパーツ自体を交換してしまいます。もしそれでも直らない場合は水道工事の業者へ依頼する事になります。

■まとめ
排水管はとても重要なものであり何の支障もなく日常生活を送るためには無くてはならないものです。普段は意識しない場所ですが、いざ不具合が出てしまうととても困ってしまいます。またトイレに至っては直接床に水漏れしてしまうため床が腐ってしまい、第三次になりかねません。このように水回りのトラブルは何かと日常生活に支障きたしますので、普段から点検など定期的におこない水漏れを起こさないように注意しておいた方がよいでしょう。またいざと言う時のために頼りになる水道工事業者を1、2社見つけておいた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース